スポンサーリンク

だんだん暑い日が、多くなってきましたね。

暑い夏の日に、韓国で食べる物といったら、参鶏湯(サムゲタン)があります。 
 
 
韓国 ソウルの街中を歩いていると、参鶏湯という看板を目にしますが、

はっきり言ってどの店に入ったら良いか分かりませんよね。

先ずは、参鶏湯てどういうもの?からです。

 

 

参鶏湯の効能

参鶏湯は、薬膳料理でもあり、疲労回復、胃腸の不調改善、食欲不振として知られています。

韓国では、真夏の暑いときに、疲労回復のために食べる食事のようです。

暑いときに、熱い物をを食べて汗をかき体の熱を取ると聞いたことがあります。

コラーゲンもたっぷりなので、韓国の女性の方にも人気のようです。

  
何処の店に入ったら良いか、迷ったときは、こちらがおすすめです!

 

スポンサーリンク

 

 

ソウル参鶏湯は韓国人をうならせる店

ソウルへ行くなら、南大門で参鶏湯を食べておいでと

韓国人の友達で、教えてくれた人がいます。

参鶏湯のイメージがなかったからです。南大門市場の太刀魚横丁の中に店はあります。

周りの店は、カルチジョリム(太刀魚の煮物)専門店ばかりなので、まさか鶏の看板があるとは、思いませんでした。

太刀魚の専門店通りに関係の無い、鶏の看板があっても美味しいのか不安になりました。

こちらは、カルチジョリム屋の調理中の風景です。ソウル参鶏湯の目の前。

 

 

太刀魚通りの中に、ぽつんと1件だけある鶏の看板が目印になります。

薄暗い通りに面している引き戸は、開けっ放しになっているので、恐る恐る店内に入っていました。

 

この日は、ハルモ二(お婆さん)1人で、店内を切り盛りしているようでした。

と言っても、店内はテーブルが少しだけあり、こじんまりとしたものです。

スポンサーリンク

 

メニュー

参鶏湯(1羽) 16000W

ハンマリ(半分)9000W

ソジュ(焼酎)  5000W

メクチュ(ビール)5000W

 

 

いかがでしたでしょうか?

南大門市場へ行かれたら、韓国人がおすすめするソウル参鶏湯が、おすすめです^^

 

行き方

 

ソウル地下鉄4号線会賢駅(フェヒョン駅)5番出口
GATE6を入り真っ直ぐ行きます。
メイン通りに出たら左、太刀魚横丁内。

ソウル特別市中区南倉洞34-52

営業時間:7:00~20:00
休み:旧正月、秋夕

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク