スポンサーリンク

ウニをこよなく愛する私は、釜山へ行ったら美味しいウニ丼を食べてみたかったので、釜山郊外の機張(キジャン)まで行ってきました。ミチョンシクタンは、以前あった場所から移転し、新しい場所に立派な建物になって新装開店していました。

 

ミチョンシクタンのウニ丼は、想像していたよりウニがたっぷりで裏切らないお味でした!

スポンサーリンク

 

釜山 機張の新しくなった미청식당(ミチョンシクタン)

ウニ丼で、人気がある機張ミチョンシクタンは、2017年秋に日光(イルグァン)海岸近くに、移転しました。

 

日光(イルグァン)海岸沿いに、新しいミチョン食堂の看板がドドーン!と建っています。

 

 

 

新しく建てられたミチョンシクタンです。2階建ての立派な建物になっておりました。

 

さてさて、お目当てのうに丼は、ありますでしょうか?

 

 

ミチョンシクタンのウニ丼メニューです

 

メニューは、シンプルに4種類です。今回お目当ては、앙장구밥(アンジャングバブ)15000₩(約1500円)です。

 

メニュー看板の1番上の物です。

 

 

 

ウニ丼に付いてくる、パンチャン(無料おかず)登場です!豪華なパンチャンで、テンション上がります。

 

朝食で来たので、今回はお酒はなしにしましたが、ソジュ(韓国焼酎)に合いそうなパンチャンばかりです。

 

 

釜山の機張と言えば、ワカメや海藻が有名です。流石、新鮮な海草です。醤油や、酢の効いたコチュジャンで、いただきます。厚みがあり、噛むと口の中でシャキシャキ音がしました。日本ではなかなか食べることが出来ない茎ワカメの刺身です。

 

 

やってまいりました、ウニ丼!ウニがてんこ盛りです。テンションマックスです^^

 

ドアップでご覧ください!とても美しいオレンジ色のウニです。このまま食べたいところですが韓国の作法に習い、ビビン(マゼマゼ)していきます。韓国の作法に習い、ビビン(マゼマゼ)していきます。

 

 

 

ご飯と、ウニ、海苔が混ざり、こうばしい香りがしてきました。朝から食欲が出てしまいます。

 

 

ビビンしたウニご飯は、海苔に巻いて食べます。この時に使う海苔は、日本の海苔と同じものです。

 

一口で、パクリといただきました!おいち~!

 

甘いウニと、ほんのり海の塩気が効いて、美味しいとしか言えません。

 

箸が止まらず、どんぶりはあっという間に、空になりました^^

 

スポンサーリンク

 

 

ミチョンシクタン店内のオマケ

 

見てもわかりませんが、有名人のサインが沢山飾られていました。

 

 

韓国あるあるです^^;  店の従業員が、仕事中にくつろぎ、おやつを食べています。韓国の食堂へ入ると、お客さんの隣のテーブルで食事をしている風景をよく見かけます。日本では、ありえないことですが、この様な風景を見ると韓国に来たなと実感しますよね?

 

 

 

トイレも、水を流して掃除をした後のようで、とても清潔でした。清潔感があり良いのですが、便器も上から水をかけて掃除をしているようで、びしょ濡れでした(笑)使用するときは、お気を付けくださいませ。

 

【釜山グルメ】15選!地元民をうならせる美味しい店はこちらからです。

 

 

釜山機張(ミチョンシクタン)行きかた

 

住所:부산  관역시기장군기장해안로1303

TEL:051-721-7050  

営業:9:00-21:00旧正月、秋夕休み

電車利用の場合は、東海線(KORAL)日光駅1番出口徒歩15分。海雲台から車で30分位でした。

 

釜山へ行くならエアトリがオススメ!

 


人気ブログランキング

スポンサーリンク