スポンサーリンク

 

 

タイのパワースポットで有名なアユタヤ遺跡の1つ「 ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」でお祈りすることが夢だったので、今回はバンコクからツアー参加をして行って来ました。

 

日本の寺院とタイの寺院での祈り方は同じなのか違うのか、とても気になるところですよね。

 

アユタヤのパワースポットを感じながら、タイ式の祈り方を体験することが出来ました。感動の一言でした。

 

さてさてどの様にパワーを感じるのかワクワクです!

 

スポンサーリンク

 

世界遺産 アユタヤ ワット・チャイ・モンコン

今回はツアーで参加し、世界遺産アユタヤの寺院遺跡巡りをしました。

 

アユタヤはタイの人気観光地ですが、寺院遺跡巡りで最初に訪れたのがこちらのアユタヤ遺跡であるワット・チャイ・モンコン です。

 

ワット・チャイ・モンコンはパワースポットとしても有名なので、お祈りをしてみたいという目的もありました。

 

ワット・チャイ・モンコンは、1357年にアユタヤを建都したウートン王がスリランカに留学中の修行僧のために建てた寺院です。この寺院で、修行僧達は瞑想をしていたそうです。なので、以前スリランカの寺院へ行った時の雰囲気と、とても似ていました。

 

 

ワット・チャイ・モンコンの入り口の看板です。こちらの右側に入り口があるので入っていきます。

 

 

入り口を抜けると、突然ド迫力の建物が目に飛び込んできました。想像をしていたものより大きかったので、この時点でパワースポットである空気の流れを感じることが出来ました。ド迫力でビックリし、一瞬動けなくなりました。

 

写真に建物全体を入れようとしても、どうにも入りきれなく中途半端な写真になってしまいました。実際見ると、写真では伝わらない不思議な迫力があります。南国らしい鳥たちもピピピ~♫と可愛らしい声で鳴いていて、自然と建物に吸い込まれていく感じです。

 

入り口で、「ワット・ヤイ・チャイ・モンコンに来て良かった。」と心の中で思うことが出来ました。(早い^^)

 

 

日本ではなかなか見ることのない色とりどりのブーゲンビリアが咲き乱れていました。ここでもうっとりしてしまい、ツアーでしたので時間があまり無い中、慌てて写真を撮りまくりました。

 

 

オレンジ色のブーゲンビリアが珍しく、娘も見入っていました。

 

 

高さ72mあるこの仏塔は、1592年ナレスアン王がビルマの王子を敗り勝利した記念に建てられた塔です。建物をよく見ると、ほとんどがレンガを積まれて建てられています。この時代にレンガを大量に作るのは大変だっただろうなと余計なことを考えてしまいました。

歴史を感じます。

 

建造物がスリランカの寺院にそっくりです。

 

塔の上から眺めた風景です。沢山の僧侶の像を見渡すことが出来ました。僧侶の像は、お墓だとガイドさんの説明がありました。ワット・ヤイ・チャイ・モンコンの敷地内を見渡せて絶景スポットです。

 

 

ツアーであまり時間がないので、目的のお祈りをしに向かうことにしました。

スポンサーリンク

祈り方

 

 

お祈りをする本堂の近くに、お供えするお線香と花を購入する売店があります。中央にある透明のボックスにお布施を入れていただきます。私たちは20バーツを入れ花とお線香をいただきました。娘は5バーツしかなかったため5バーツを入れたそうです。

 

 

お供えするお線香、ろうそく、蓮の花の蕾です。日本とはスタイルがずいぶん違いますよね。蓮の花を持つことは初めての経験でした。

淡い桃色で美しかったです。

 

 

お祈りをしている方は、観光客より地元の方が多かったです。地元の方の祈りの場でもあるので、邪魔にならない様に真似をしてお祈りをさせていただきました。

 

 

ろうそくに火をつけてから、床に座り祈ります。(周りを見ながら真似をしたのでこれで大丈夫だと思います。)

 

祈り終わってから、蓮の花とお線香、ろうそくをそれぞれお供えして終了です。

 

とても静かな空間だったので気持ちも落ち着きました。目的が果たせて大満足でした。

 

白い涅槃仏(ネハンブツ)

こちらの白い涅槃仏は、金色の布が掛けられていました。日本ではあまり見かけない涅槃仏ですが、タイでは見かけることがあります。

涅槃仏はどのような意味があるのか調べてみました。

 

涅槃仏の姿は、すべての教えを説き終えて入滅せんとする姿であるとされます。目が開いているものは最後の説法をしているところ、目を閉じたものは入滅した姿であるともいい、涅槃像の姿で毎晩の説法をしていたとする説明もあります。

出典:エンパーク

 

白い涅槃仏は、入り口付近入って左側です。壁があり分かりづらく通り過ぎてしまいそうになりますが、パワースポットなので是非近くに行き見てください。

 

仏様の足の裏は偏平足ですね。

 

アユタヤ 服装

ワット・ヤイ・チャイ・モンコンでは、タイの寺院へ入るときの特別な服装はありませんでした。南国のリゾートファッションで行きましたが、入ることが出来ました。

 

しかし、蚊に刺されてしまいバンコクへ帰ってから慌てて薬局へ行き、虫よけスプレーと虫刺されの塗薬を購入しました。

 

蒸し暑いタイですが、あまり肌を露出していると私の様な目に合ってしまうと思います。

 

余談ですが、タイの虫よけスプレーは液だれが半端なかったので、日本から持って行くと良さそうです^^

 

行き方

住所:Khlong Suan Phlu Phra Nakhon Si Ayutthaya Amphoe Phra Nakhon Si Ayutthaya

入場料:20バーツ

営業:8:00~17:00 年中無休

 

タイへ行くならエアトリがオススメ!

エアトリオプショナルツアーはこちらからです♫

 

 


人気ブログランキング

スポンサーリンク