スポンサーリンク

明洞へは渡韓し始めたころから遊びに行っていましたが、屋台のケランパン(卵パン)を食べたことがなくとても気になっていました。

 

なぜ今まで食べなかったかと言うと、なんとなく見た目が地味で、甘いのか塩っぽのか味の想像が出来なかったからです。

 

長年あるということは、それなりに美味しいのではないのだろうかと3年前くらいから思うようになってきました。

 

10年くらい気になっていたので、よし!食べてみようということになりました。

 

大袈裟ですよね^^

 

12月の明洞はクリスマスムードで賑わっています。(写真はそうでもないが、、、。)

 

熱々の湯気が出ていて美味しそうなケランパンを発見したので、この屋台に決めました。

 

パンの中に卵が丸ごと1つ入っています。地味ながらも豪華ですよね?(7000ウォン)

 

 

大きさは手のひらサイズです。小さいのにずっしり重みがあります。

 

 

ではではいただきましょう!熱いのでケランパンを割るのも大変です。

 

卵が大きいでしょ?甘いパンと卵の香りがフワッとします。

 

パン生地は、ホットケーキミックスに似ている感じがします。ほんのり甘い生地にゆで卵が入っています。

 

生地の焦げたところが香ばしく、甘くて塩っぽい不思議な味は見た目の地味な感じとは違い、「ケランパン美味しいじゃない!もっと早く食べておけば良かった~!」と友達と言いあいました。

 

お気に入りになりました。どこかの街で見かけたらまた食べてみたいと思います。

 

ゆるキャラでお馴染みの猫発見!

ソウルへ行くならエアトリがオススメ!▼

 


人気ブログランキング

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク