韓国ソウルは大都会で車や人でいっぱいですが、ゆっくり落ち着きたいということで鐘路区母岳洞(ムアクドン)の仁王山(インワンサン)山麓に位置する、仁王寺(インワンサ)へ行ってみました。←(なんだかややこしく頭の中が混乱TT)

この日は、景福宮から運動がてら歩いて、呑気な軽い気持ちでスタートしました。

スポンサーリンク

 

仁王寺(インワンサ)の禅寺(ソンバウィ)へ行く道

景福宮の前の大通りを西にずっと歩いて行き、右折すると静かな住宅街に入っていきます。それにしても、ソウルは急な坂道だらけです。

スタートしてすぐだが、この先大丈夫かな?と引き返したくなりました。

大通りから中に入ると、韓国ドラマでも見かけるような住宅街です。車が両脇に適当に駐車されていました。

 

それにしても、住宅街の坂を登ったり下りたりしてばかりで、この先にお寺があるのだろうかと、息切れをしながら不安になりました。

 

ゼーゼーハーハー、、、TT

高層アパートと屋根部屋(オッタプバン)を見ることができます。オッタプバンの庭には、植木鉢が沢山あるのですね。夏には緑がいっぱいになるのかな?なんて考えながら眺めるのは楽しい時間になりました。思っていたよりオッタプバンは、こじんまりとしていました。

お~!坂の下にやっと「仁王寺」が見えてきました。しかし、景福宮をスタートしてから、道に迷ったせいか1時間ほど歩いています。

やったー!と思ったが、「お寺の門を入ってからまた登るのか?登山ではないか!」と思うと気が遠くなりそうになりました。ここまで来て引き返すわけにいかないので、禅山(ソンバウィ)までファイティン!イムニダ。

 

スポンサーリンク

 

仁王寺

仁王山(338m)の中腹に位置します。

朝鮮初期の王である太祖が、景福宮を守護する目的で建立しました。昔から韓国では、「仁王山がわからない虎はいない」と言われています。それほど頻繁に虎が出没していたそうです。

目的のパワースポットである禅岩(ソンバウィ)の前で祈ると、子宝を授かると言われています。もう子宝は関係がないが、神秘的そうなので楽しみです。

 

中に入ってみましょう。(登ってみましょう!)

龍海寺です。一軒の家のような大きさの寺です。中には入らなかったが、とてもカラアフルでした。

 

息切れは続いておりますが、細い路地を見て足を止めました。「ん?松の木は、どうなっているのかな?」

 

遠くの景色を眺めて一息ついたら、一気に頂上まで登ります。

 

 

やっと到着しました!禅山(ソンバウィ)です。僧侶が立っているように見えることから「禅岩」と、呼ばれるようになりました。こちらでは、線香を焚き祈ることが出来ます。子宝ではなく、無事に到着できたことに感謝をしてきました。

山の頂上に、このような岩があるのは不思議でなりません。パワースポットと言われるだけのことがあります。

 

裏側から見た禅岩です。

禅岩の高さは、約8mほどあるので迫力があります。

 

しかし、てっぺんにいる鳩が気になります、、、^^

頂上からは、ソウルの街と南山が一望できます。曇っていて見えずらいですが、ソウルタワーは見えますでしょうか?とても気分が良くなりました。登山をした甲斐があります^^

都会の中にある自然に癒されながら、帰りの下山はとても楽に感じました。ソウルの大都会で登山が出来るとは思いませんでしたが、とても達成感を味わうことが出来ました。

息切れはしましたが、登ってみて良かったと思います。これから行く方は、スニーカーで登ってくださいませ♪ 私は、ヒール無しのブーツでした、、、死にそうになりました(笑)

 

スポンサーリンク

行きかた

住所:서울특별시  종로구 통일로18가길34(무악동)

電話:+82-2-736-9984

今回は。地下鉄「景福宮」駅から歩きましたが、地下鉄「独立門駅」から歩くと1番近いです。


人気ブログランキング