夏も終わりかけてくると、1年で1番楽しみな紅葉の季節に突入します。数年前に、韓国の慶州で見た紅葉が、この世のものとは思えないほど美しく感動しました。

 

はい!紅葉が大好きなので、最も美しい紅葉狩りを韓国で探して行ってまいりました。韓国の慶州や、清道では、毎年11月下旬に行くことをおすすめします。

2017年は、11下旬に行かず中旬でした。なぜなら、紅葉狩りだけでなく柿がオレンジ色になる時を狙って行ったからです。

清道 柿のワイントンネルはこちらからです☆

今回は、清道にある韓国ドラマ「ラブレイン」のロケ地にもなった雲門寺へ行ってきました。

 

スポンサーリンク

 

清道は韓国の何処に位置するのか

釜山から車で2時間くらいの所に位置します。大邸からバスで1時間20分くらいです。今回は、釜山から蔚山を経由し、車で行ってみました。

 

清道 雲門寺

雲門寺の駐車場に、車を停め外に出た途端にこんなに美しい紅葉を見ることができます。駐車場には、イチョウの木が紅葉し、風に乗って黄色に染まったイチョウの葉が落ちてきていました。

駐車場

 

駐車場で、あまりにも美しい景色にテンションが上がってしまい、しばらくの間紅葉狩りを楽しむことができましたが、テンション上がりすぎですね(笑)

時間がないので、早く「雲門寺」へ行くよと言われハッとして、慌てて歩いて門まで行くことにしました。

ドラマシーン

この景色は何処かで見たことがある、、、。

お借りした画像ですが、「ラブレイン」のイナ(チャングンソク)がスケッチ旅行へ行った時のシーンです。紅葉は少し落ちてしまっていますが、ユニ(少女時代のユナ)が訪れる場面に似ていませんか?ドラマの中では、春川と設定されていたのですが撮影が行われたのは、雲門寺です。

 

雲門寺の門まで行く道もとても美しかったです。

スポンサーリンク

 

雲門寺(ウンムンサ)

 

やっと門まで辿り着ました。

慶尚北道(キョンサンプット)の清道郡(チョンドグン)にある雲門寺は、新羅の真興王(ジヌンワン)の時代である560年に創建されたました。また、1958年に僧家大学が設立され、現在約260人の学僧が勉強する教育機関となっています。寺の中を歩いていると学僧の方が、歩いておられるのを見かけました。

 

雲門寺は、「雲の中に入る門」という意味です。素敵ですよね^^

 

中へ入ってみると、とても広い敷地です。深い山の中で静かな時間が流れている感じです。

所々に、学僧が勉強をしている絵が描かれています。色が鮮やかでとても美しいです。

 

 

スポンサーリンク

 

寺の中にも多くの柿木があります。柿が美しいオレンジ色の実になっていました。

 

柿の実に手が届くかどうか、何度もジャンプをしてみたが届きませんでした^^

 

 

柿の木がある風景は、何処から見ても感動でいっぱいです。

 

 

格子戸というのでしょうか?ブルーグリーンの鮮やかな色と、韓紙がとても美しく印象的でした。学僧の方が、掃除をするため戸を開けたので、中を少し見学をさせていただきました。

 

韓国天然記念物180号に指定されている樹齢500年の「下がり松」です。あまりに大きく写真に納まりませんでした。雲門寺で人気スポットなのでしょうか?写真撮影をしている方でいっぱいでした。

 

松の木を下から眺めるとこんな感じになっています。500年も生きていると思うと生命力の強さを感じます。

 

いかがでしたでしょうか。写真を詰め込みすぎましたが、全て入りきりませんでした。敷地が広いので、敷地内の半分くらいしか見学をすることが出来ませんでした。

 

ドラマの中でスケッチをしているシーンの撮影が何処なのか見つけることが出来ませんでしたが、ドラマを観てから探してみるのも面白いと思います。

 

紅葉の季節に行くと、紅葉、イチョウ、柿の実の最高に美しい紅葉狩りが出来ると思います。

 

行きかた

住所:경상북도 청도군 운문면 운문사길264

(大邸南部バスターミナルから1時間20分)

電話:054-372-8800

時間:月~金 8:30~17:00、土日祝 8:30~18:00

拝観料:2000ウォン 入り口で購入

雲門寺に行きたいが、飛行機とホテルのチケットを探すのが面倒、どうしてよいか分からないという方に、数社の旅行会社のプランが、無料で一括で探すことが出来る「タウンライフ旅さがし」おすすめです。

楽チンですよ^^

どうしても自分で計画したいんだ!と言う方は、探すのも楽しい時間になるので手間はかかりますが、エアトリ(旧DeNAトラベル)がおすすめサイトです。

 


人気ブログランキング

スポンサーリンク