ソウルで話題の益善洞(イクソンドン)が、あまりにも変わったことを知り訪ねてみました。

3年前に、仕事で毎月のように訪れていたときは、古い韓屋(ハノク)が集まった街でした。

ソウルで最も古い韓屋村(ハノクマウル)だったのです。

歩いていても、人とすれ違うことが無いほど静かな韓屋村でした。

鐘路三街は、益善洞(イクソンドン)があり、古風でとても好きな街でした。

 

日本のテレビでも放送され、なんとなく観ていたら、えー!同じ場所?

と、驚きテレビの画面をただじっと見つめ、呆然としました。

それほど変わってしまったイクソンドン、気になって仕方がないと言うことで

テレビを観てから、2週間後に訪れてみました^^;

スポンサーリンク

 

インスタ映えする益善洞(イクソンドン)

ソウル仁寺洞(インサドン)から徒歩10分位の所に益善洞(イクソンドン)と呼ばれる

街(マウル)があるので、仁寺洞のオソロックティーハウスで休憩をした後、たずねてみました。

 

 

いや~、ここはどこ?状態です。ここが数年前に見ていたイクソンドンなのか分からなく

不安になり、韓国人らしき男性に「ヨギ イクソンドンインニカ?」ここはイクソンドンです

か?と尋ねてみました。

後で考えると、イクソンドンにいながらこんな質問はおかしいですよね。

相手の方も、「ここがイクソンドンですよ!」と大声を張り上げていました。

「やっぱりそうか。。。」

ソウルで一番古い韓屋村(ハノクマウル)から、今時のインスタ映えする街に変身していました。

細い路地の両側びっしりと飲食、雑貨、カフェばかりになっていました。

 

 

雑貨屋には、傘などぶら下がったディスプレイがしてあり、こんなこともしてみたくなるものです。

あ~インスタ映えかな。。。乗せられてしまっているじゃないの^^;

餅を焼いている店には、韓国女子たちが並んでいました。

 

スポンサーリンク

 

飲食店では、会社帰りの若者が、酒を飲みながら楽しそうな時間を過ごしていました。

こんなところでお酒を飲みたかったが、何処も満席で待ちの人でいっぱいでした。

 

 

私の写真が上手に撮れていないので、インスタ映えとはいきませんでしたが、

思わず、撮影したくなるスポットが沢山ありました。

昔の面影が無くなり寂しい気持ちもしましたが、生まれ変わった益善洞(イクソンドン)は

活気のある街になっていました。

夜に訪れたせいか、観光客より韓国の方で賑わっていました。

仁寺洞から、徒歩10分くらいなので散歩コースにも入れてみてはいかがでしょうか^^

 

行きかた

仁寺洞から徒歩または、ソウル地下鉄5号線鐘路3街駅4番出口から徒歩

スポンサーリンク