スポンサーリンク

 

ソウルへ行ったら肉ばかりでなく、美味しい魚料理も

食べてみたくなります。

この日は、朝食に美味しいものを食べたいなということで

南大門をフラフラしていました。

狭く暗い通りに入ると、早朝なのに沢山の客が入っている

お店があったので、ここはきっと美味しいに決まっていると

思い、入ってみることにしました。

カルチジョリムの専門店です。

 

 

カルチジョリムとは?

太刀魚を大根、にんにく、ねぎ、コチュジャンやだし汁で

煮付けた物のことです。

かなり辛く感じますが、太刀魚の甘味が出て食欲が出ます。

スポンサーリンク

ワンソンシクタン(왕성식당)

南大門市場には、カルチジョリム通りという一角があります。

通りは、とても狭いですが道の両側には、カルチジョリムの

専門店が建ち並んでいます。

ワンソンシクタンは、その中でも元祖らしいです。

 

元祖と言われるだけあって、レトロな入り口です。

美味しそうで、期待しちゃいます^^

狭い店内には、地元の方でしょうか常連客で賑わっていました。

せっかくなので、カルチジョリムを注文してみました。

先ずは、パンチャン(無料おかず)の登場です。

 

煮えたぎった、ケランチムを店のアジュンマ(おばさん)が運ん

で来てくれました。グツグツ音がして、卵が膨らんでいます。

ケランチムとは、日本では茶碗蒸しの様な物です。

出汁がきいていて、とっても美味しいです。

スプーンですくって、熱々をいただきます。

 

待っていました!カルチジョリムの登場です!

写真では分かりづらいのですが、鍋の底には大きな大根が

敷かれ、たっぷりのねぎが乗っていました。

がっつきすぎて、大根の写真を撮り忘れたのですが、大根に

出汁のきいたコチュジャンがしみ込んで、とっても美味しかっ

たです^^;

忘れっぽくて、ごめんなさい。

 

後から、ポイ!と出された太刀魚の焼き物です。

周りはカリカリで、中はふっくらして甘味がありました。

ご飯は、黒米と一緒に炊いた物でモチモチです。

韓国では、よく食べる黒米です。

 

太刀魚は、皿に出していただきます。

小骨が多いですが、フッワフワの白身がたまらない美味しさです。

さすがに、口の中が辛くなったのでセルフで水をいただきました。

紙コップが可愛かったので。。。^^

韓国に来た~!という食事ができました。

朝から大満足でした。満腹満腹、また来ます!

 

細い階段を登ると、2階席もあるようです。

 

メニューです。

 

カルチジョリム 2人分からの注文になります。

2人分16000Wです。

常連客のおじ様方は、テンジャンチゲ(味噌鍋)を食べていました。

きっと、美味しいのだろうな。。。

スポンサーリンク

 

行きかた

住所:서울시중구남창동34-49

電話:02-752-9476

営業:7:00~20:00

休み:日曜、旧正月、秋夕

 

ソウル南大門付近のホテル予約はこちらから↓ ↓ ↓