済州空港からホテルへ行く前に小腹が空いたので、空港まで迎えに来てくれた友達にお願いして東門市場へ連れて行ってもらいました。市場に行けば美味しい食べ物が沢山あるらしのでウキウキです!

初めての済州島へはこちらから→羽田空港から済州空港へ☆

 

スポンサーリンク

 

東門市場(トンムンシジャン)

済州空港から車で20分くらいに位置する東門市場は、済州島(チェジュトウ)で最も歴史が長く、1945年からあり300件ほどの店がある大規模な市場です。

お腹が空いたので、早く中に入ってみましょう。

お店がぎっしり入っています。東門市場は食料品がメインだが、歩いていると済州島のお土産が勢揃いしている感じです。今回の旅では、東門市場を気に入ってしまったので、3回も東門市場へ行きました。済州島のお土産は、観光地で購入せず市場でまとめて購入するのが便利で楽だなと思いました。

 

 

それよりお腹が空いてしまい倒れそうなので、簡単に食べられる店に入って見ることにしました。

 

スポンサーリンク

 

ソウルトッポッキ(서울떡볶이) 

 

ハム、きゅうり、たくあん、かまぼこが入っていて美味しそうなキンパです。店頭で天ぷらやキンパ、トッポッキ、オデンを作りながら販売をしています。奥の店内で食べることが出来るので、店内に入ってみました。

 

店内はこじんまりとしていて蒸し暑かったです。お客さんも食べたらすぐに店を出る感じです。

 

トッポッキを注文すると、揚げマンドゥが4個入ってきます。テーブルに運ばれてきただけで、コチュジャンの辛い香りが鼻の奥まで入ってきました。かなり辛いコチュジャンタレです。

こんなにたっぷり入って3500W。

 

天ぷらは、海苔巻き、青とうからしに肉が入っている物、イカなどがありました。衣がサクサクしていてとても美味しかったです。

3000W。

 

海苔巻きの中身は、春雨が入っていました。初めて食べる海苔巻きです。

 

この海苔巻きを、辛いコチュジャンタレにからめて食べるのが済州式のようです。辛い食べ物はあまり強くないのでヒーヒー言いながらいただきましたが、食欲が出てしまう美味しさでした。

 

揚げマンドゥです。春雨や肉、韮などが入っていて旨味たっぷりです。

 

辛い物を食べた後は、オデンを食べて一息つきました。食べたら市場内を見学しながら、次は美味しいと有名なホットックを食べに向かいます。

小腹が空いた時にちょうど良い、おやつのようなトッポッキはまた食べたくなるソウルフードでした。

 

東門市場(トンムンシジャン)行きかた

旅行計画で困ったら、旅行会社に行かなくても無料で複数の会社の(旅プロが教えてくれる)プランが探せる タウンライフ旅さがしで、自分にぴったりな旅を探してみてはいかがでしょうか、こちらからどうぞ☆

 

住所:제주시 일도 일동주변

電話:064-75203001

営業:7:00~19:00頃

休日:旧正月、秋夕

済州空港からタクシーで20分くらいです。

 


人気ブログランキング

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク